美人に欠陥あり!美人でも男性に相手にされない残念女性とは

「美人=モテる」という図式が世間一般的にはありますが、美人は七難隠すと言われていますが、それは外から見ているだけの場合のみです。

 

ずっと一緒にいる恋人となると、たとえ美人であってもウンザリしてしまう欠陥を持っていると、なかなか恋人にはなれないようで、最初は美人

だからと付き合ってみても、すぐに離れていってしまいます。

 

そこで美人でも許されないことが多い欠陥をご紹介しますので、自分にはこんなところがないか、確認してみましょう♪

 

●美人に欠陥あり!美人でも男性に相手にされない残念女性とは

 

・誰に対しても優しいけど、単なるいい顔したいだけの人

どんな人に対しても分け隔てなく優しくて、皆の悩みや相談事も親身になって聞いてくれる、そう聞くと「なんて優しい子なんだ」と感激してしまいそう

ですが、誰に対しても優しいというのは、結局「自分が嫌われたくない」という気持ちの裏返しな事も多いのです。

 

もし恋人になったとしても「○○が困っているから一緒にいてあげないと」とデートをすっぽかしたり、優先順位の第一位が恋人でないと分かると、自然と心が離れて

しまうことになります。

 

好きな人がいる場合には、彼だけ特別に優しくするくらいの下心を持たないと、ガッカリされてしまう元となります。

 

・外見がつりあわないので、単なる観賞用にしかなれない

たまに浮世離れしてるなと思うくらい、とびきり美人でかわいい女性が学校や社内にいて、浮き足立つことがありますが、あまりにも飛びぬけて美人な場合、

好意を寄せてくれる男性がいたとしても「オレの顔じゃ隣りにいても釣り合わない」と勝手に決めつけられてしまい、自分の方からアプローチを仕掛けないと、

他の手ごろな女性の方へと行ってしまいます。

 

・男性とまともに話すことができない

俗にいうコミュ障ですが、異性に限らず女性に対しても話しかけることがなかなかできない、他人と関わるのが苦手という人は、ちょっとした会で知り合いに

なったとしても、笑顔はおろか目線すら合わせることができないので「かわいいけどないわ~」と、思われてしまいます。

 

コミュニケーションを上手く取れないと、お互い気持ちを確認し合うこともできませんので、まずは相手と目線を合わせて微笑んでみることから始めてみる

ことが必要です。

 

おわりに

上記の事は女性一般に言える部分も大きいです。女は愛嬌と言われますが、美人でかわいくても、一緒にいて安らげないと恋愛では意味を成さないので、私は美人じゃないからと引け目を感じている方は、いつも笑顔でいたり、性格の部分で美人に差をつけていきましょう。