脈あり男性のとる行動パターンとは

女性は、好きな男性がいても知らんふりをしたり、視線を合わせようとしなかったりと、気のないそぶりが非常に上手です。

しかし男性は女性より演技が下手で、感情のままに動く人が殆どです。

少し親しくなったところで、男性からの脈ありサインを受け取るにはどのような方法があるのでしょうか。

 

1.視線がピッタリと合う

 

男性は女性と違って、色目使いをすることはありません。

その代わり、長時間意中の女性を見つめることがあります。

「見とれている」という表現が正しく、瞳孔が開いたままでひたすらボーッと見つめる時間があります。

女性と目が合っても視線のそらし方が非常にわざとらしく、あわててお酒を飲んだり、携帯を探したりするのでとても分かり易いです。

自分と目が合って慌てる仕草を見せる男性は、まず脈ありだと思って良いでしょう。

 

2. 会話をしたがる

 

親しい男性は声をかけてくれるのが当たり前ですが、貴女を意識している男性だと、より具体的な会話をしてきます。

「最近、どこか出かけた?」「お昼どうしてるの?」等、男性にとっては一生懸命考えたネタで話しかけてきます。

特に、ばったり出会った場合だけではなく、向こうから少しずつ近づいてきて話しかけてくるような男性は、貴女に興味があると思って良いでしょう。

 

3. なんとなく近寄る

 

本能で生きる男性であっても、興味のない女性には別に用もなければ触れたいとは思わないものです。

最近では、男性が女性にボディタッチをすることはセクハラ行為とされてしまうので、なくなりました。

しかし、人間にはボディーゾーンというものがあります。

自分の周囲で、親密な人間以外に近寄って欲しくない空間というものです。

他人はだいたい1メートル前後まではOKですが、親しくなるほどこの距離は縮まって行きます。

もしも飲み会などで貴女の周囲で体温が感じられる程近くまできて話しかけてくる男性がいたら、相当貴女に気があると思って良いでしょう。

 

4. なんとなくメールが来る

 

一日のうちで、気分が高まったときに、つい気になる相手に一言何かメールを送りたくなってしまうものです。

既にメルアド交換をしていて、なんとなく意味のない短いメールが来るような場合、すくなくとも好感を持ってくれていると思って良いでしょう。

夜中に「今、何してるの?」というメールなどは少しストーカーっぽくなりますが、それ以外でしたら笑って返信してあげましょう。

 

おわりに

 

どんな恋愛も、まず親しくなることから始まります。

「この人は少なくとも私のことを嫌いではないだろう」と思ったら、自分からも積極的に声をかけてあげましょう。